ようこそ 円城寺サイトへ       Enjouji                    Licenced and Volunteered 
 円城寺の催しと活動の情報発信ページ
アクセス・円城寺へご案内 どんなお寺・開山から現在まで 堂塔伽藍ご紹介 境内散策・その他境内を見る 一隅を照らす会円城寺支部 リンク集・円城寺と円城周辺 サイトについて・作成の目的など
  <サプリ>  おまけのプライベートページ                                             サイトマップ
  鎮守提婆宮 ちょっと怖い話

いろいろなサイトに次のように書かれています。

「『加茂の提婆は人をとる』と昔からいわれる。これは深夜に寺域の古木に呪釘を打つと、提婆のつかわしめ(白狐)が相手にとりついて殺してしまうという言伝えからきたものであろう。提婆宮の北側の土塀には穴が開いていて、これは白狐の通路である。」

「いろいろなサイト」という中には、民間製、公共体製のほか官製まで含まれます。お寺の冊子には「現世のご利益霊験あらたか」とあるのみで、丑の刻参りだの呪詛だのについては黙して語っていません。

どだい呪詛というのはむしろ大昔にはごく素朴なものしかなくて、奈良、平安期に盛んで、鎌倉期以降の武力社会にはすでに下火だったのではないか、というのがわたしの感覚(人はこれを無知による偏見と言うかもしれませんが)です。もっといえば、信仰とか宗教は原始から現代にいたるまで人々の心にあって、社会を動かす一つの力であり、呪詛との結びつきも強かったし、天台宗にも密教成分はあるわけだし、とは思いますが、科学の盛んな今の人たちはおおむね呪詛の力を信じてはいないといってよいのではないでしょうか。
   
 写真 : わら人形
  ところで、右上の写真は最近実際に撮影されたものです。被写体がいたずらによるものである可能性は否定できませんが、やはりそうではないような気がします。頭では呪詛などないと思っていたとしても、不調、不運、不幸から、深い悲しみ、憎しみ、恨みへと心が向いてしまう人がいないとは断言できないと思われませんか(あるいは逆に、このように呪われても気にならないとは言い切れないのではないですか)。そう言い切れる人はとても健全で幸せなのでしょう(かく言うわたしはとても不健全なのかも)。スピリチュアルやら霊感やらをテレビ局が後押ししてもしなくても、人の心の奥底には歴史に培われたそのようなものが退化も進化もしないで残っているのかなあと思わせる写真ではありました。    
 2009年3月ごろから右の写真のような、やはり人形というのでしょうか、コルクの板にマジックインキで人形を書くという新手法のものが打ちつけられているそうです。
 どのような心でなされたものなのでしょうか。

 このような新しい方式がお提婆様に通じるかどうかは分かりませんが、仏さまはこのような心にも手を差し伸べることでしょう。
     
   Photos at random
   
  (左) 御本尊秘仏公開中の本堂             (右) 公開中の阿弥陀堂           2010年7月3日(雨時々曇り)        
   
雨に煙る倉ヶ一地蔵   2010年7月3日   昔々、写真右奥を下っていく道が小学校への通学路でした。
   
歯痛地蔵の西を少し下がった草地で餌を探す雉の母子    2010年7月3日(雨時々曇り)  左が母鳥  子供は3羽居るようでした。
   
ページトップへ